薬の過剰摂取による死亡例

笑顔の男性

市販薬でも病院等から処方された薬でも、服用する際には、用量用法を守ることが大切だと言われています。
市販薬の場合は、研究結果を元にして安全性も検証した上で製造や販売されています。
病院等の専門機関から処方される場合には、その人自身と症状に合わせて薬が選別され種類と量が適切に調合されているのです。
万が一、薬を規定以上服用してしまった場合には、薬の過剰摂取となってしまい、最悪死に至るケースもあります。
これまでにも多くの死亡例が存在します。
薬の過剰摂取は、オーバードースとも言われ、原因としては誤投与や誤飲、誤判断が挙げられます。
誤飲や誤判断の死亡例としては、常に飲んでいる薬に耐性がつき、効果が出難くなったが故に量を増やしてしまう例があります。
誤飲では、小さい子供が間違えて飲んでしまう例も少なく無いのです。
また、自傷や自殺行為、現実逃避等の為に薬の過剰摂取をする人も中には存在します。
市販薬よりも処方薬の方が薬の過剰摂取に繋がりやすい傾向にあると言われ、日本でも精神科へ通う患者への多剤大量処方が問題視された過去があります。
沢山の薬を処方し服用すれば高い効果が得られると言うことから多剤大量処方が行われていたのです。
適切な薬の効果を得る為には、用法用量は守って服用することが何よりも大切なのです。

最近の投稿
サイト内検索