最悪の場合死に至る医薬品の副作用

楽しく食事しているカップル

病気の症状を改善するなど、医薬品は私たちの生活に大きく役立っています。
しかし、副作用を軽視してはいけません。
今回は副作用がどれほど注意すべきものか説明します。

そもそも、副作用の原因とは、薬そのものが持っている性質によるもの、薬の使い方によるもの、薬を使う人の体質によるもの、薬を使った時の身体の状態によるもの、が挙げられます。
このうち、薬を使う人の体質が原因である、アレルギーに着目します。
アレルギー症状は発疹や目のかゆみに始まり、肝機能障害、気管支ぜんそく、アナフィキラシーショックなど様々ですが、これらに言えるのは最悪の場合死に至る、ということです。
一度でも薬物アレルギーを起こしたことのある人は、体内にその薬に対する抗体ができ、その後同じような薬を飲んだ時、同様のアレルギー症状が出る恐れがあります。
このような危険な副作用を避けるためにも、一度でも軽症でも薬物によるアレルギー症状を発症したことのある人や家族に薬物アレルギーを発症したことのある人は、薬物を処方される時には、かならず医師・薬剤師に相談する必要があります。
また、副作用を最低限に抑えるため、示された用法・用量は正確に守らなければなりません。